英国・グリーン通信


2016年12月 9日 (金)

インフルエンザワクチンについて

皆さんが一般的にイギリスで受けられているインフルエンザワクチンについてのご案内です。

「イギリスでもインフルエンザは流行るのでしょうか?」「イギリスではインフルエンザにかかったら何日くらい休むのでしょうか?」などというご質問を頂くこともありますが、今回は、「日本とイギリスはワクチンが異なるでしょうか?」というご質問の答えとなります。

続きを読む "インフルエンザワクチンについて" »

2016年12月 2日 (金)

肝機能障害のお話(1)

血液検査や腹部超音波検査で、「肝臓の酵素が高い」、「肝臓に脂肪が蓄積している」、「肝臓に白く見える影がある」などという指摘を受けられたことのある方は少なくないかと思われます。これらの肝臓にまつわる異常所見について、ごく一部ですが、遭遇する頻度の高い話題に関し、一般的なご案内を致します。

続きを読む "肝機能障害のお話(1)" »

2015年10月22日 (木)

今世界で注目されているビタミンDをご存知ですか。

日本ではまだ話題にのぼることが少ないビタミンD。骨の健康やカルシウムの吸収に重要で、ビタミンDが不足すると骨粗しょう症や骨軟化症、骨折の危険性が高くなる事は以前から知られています。ですが近年研究の世界では、ビタミンDと病気の新しい関連性が次々と報告されています。

ビタミンD欠乏症と関連が指摘されている病気は、

●風邪やインフルエンザのような感染症、

●大腸癌や乳癌などの悪性腫瘍、

●筋力低下、転倒、腰痛、背部通

●高血圧、糖尿病、心筋梗塞などの生活習慣病など多岐にわたります。

また、肥満の人はビタミンD欠乏症になりやすい事がわかっており、血中ビタミンD濃度が高い人ほどダイエットの効果が出たという報告もあります。

毎年冬の時期にだけ気分の落ち込み、疲労、倦怠感、過眠、過食などの症状を伴ったうつ病を発症する、冬季うつ病という病気があります。この原因については諸説ありますが、日光が少なる冬にビタミンD濃度が低下しているために起こっているという説もあり、関連性が指摘されています。

この他にもビタミンDには長生き効果がある事が示唆されています。血液中のビタミンD濃度が低い人は、濃度が高い人と較べて死亡率が高いということが多くの研究で示されています。

どれくらいの人がビタミンD欠乏症であるのかはっきりした事はまだ分かっていませんが、世界的には約50%からそれ以上の人がビタミンD欠乏症であるという報告もあります。食事から摂取される他のビタミン類と違って、ビタミンDは主に日光を浴びる事によって皮膚で作られるので日中、仕事や家事などで屋内で過ごす時間の多い方、日中の外出時に日焼け止めを使われたり肌をお洋服などで覆うことが多い方は、日光を浴びる量が少なくなるためビタミンD欠乏症になるリスクが高まります。また、白人の人たちと較べて、私たち日本人のような有色人種は日光を浴びた時のビタミンD生成量が少ないと言われています。そして、私たちのいるイギリスは曇りの天気が多く、特に冬場は日光を浴びる機会が非常に少なくなりますので注意が必要でしょう。

 

参照

1.         Department of Health. Dangers of vitamin D deficiency highlighted. 2012. https://www.gov.uk/government/news/dangers-of-vitamin-d-deficiency-highlighted

2.         National Institute for Health and Care Excellence. Vitamin D: implementation of existing guidance to prevent deficiency (in progress). 2014

http://www.nice.org.uk/guidance/gid-phg71/resources/implementing-vitamin-d-guidance-draft-guideline2

3.         International Osteoporosis Foundation. UK’s first clinical guideline on identifying and treating vitamin D deficiency. 2013

http://www.iofbonehealth.org/uk%E2%80%99s-first-clinical-guideline-identifying-and-treating-vitamin-d-deficiency

4.         Grober U, Spitz J, Reichrath J, Kisters K, Holick MF. Vitamin D: Update 2013: From rickets prophylaxis to general preventive healthcare. Dermatoendocrinol 2013;5:331-47.

5.         Hossein-nezhad A, Holick MF. Vitamin D for health: a global perspective. Mayo Clin Proc 2013;88:720-55.

2015年10月11日 (日)

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome ; IBS)②

前回ご紹介させて頂いた現代病のひとつともいえる「過敏性腸症候群」。その診断と対応は容易なものではありません。まだまだ解明されていない部分の多い病気であり、「便秘型」「下痢型」など、症状のタイプも多様であるため、多方面からの対応が必要となることが多い病気のひとつですが、消化器の異常であるため、食事のとり方は重要です。効果の程度に個人差はみられますが、IBSと診断されたり、IBSを強く疑われている人では、一考の価値はあります。今回は、その概要をご案内致します。

続きを読む "過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome ; IBS)②" »

2015年10月 5日 (月)

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome ; IBS)①

過敏性腸症候群。従来、おなかがあまり強くないと自覚されている方は聞き覚えのある病気かもしれません。

続きを読む "過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome ; IBS)①" »

2015年5月 4日 (月)

正確な血圧の測り方

血圧測定は健診で必ず行われる主要検査項目です。ただ、健診では医師からまあ大丈夫でしょうと言われ、値が記憶にない方も多いのではないでしょうか。一般的に、血圧が高くなっても症状を認めないことが多く、合併症を生じた(発症)時には、脳梗塞や心筋梗塞、腎不全など生死にかかわる状態になり得るとして、“Silent Killer”とも呼ばれています。将来の大きな健康被害だけでなく、UKでは、成人の4人に1人(60歳以上では2人に1人)、毎年10億ポンドの医療支出になっているそうで、問題は多岐にわたります。また、厚生労働省の発表によれば、日本人にも推定4000万人もの有病者がおり、実感は湧きませんが、とても身近に潜む病気と言えます。まず敵を知ることが第一歩と考え、この度は、正確な血圧測定について述べたいと思います。高血圧は、上(収縮期血圧)が140mmHg以上、下(拡張期血圧)が90mmHg以上のどちらか一方、あるいは両方を満たすものと定義されています。しかし、これを超えれば高血圧というわけではありません。血圧の正常異常を判断するには、正確な評価が必要になるのです。イギリスのガイドラインでは、高血圧が疑われる場合、以下のいずれかを勧められます。

続きを読む "正確な血圧の測り方" »

2015年3月23日 (月)

Men's health episode 2

こんな症状にお悩みではありませんか?

「44歳営業マン。約1年の泌尿器系症状に悩み、遂にGP受診。排尿時や排尿後に会陰部や外陰部に痛みを感じていた。また、次第に、頻尿や尿意切迫感(急に尿意を催し我慢できなくなるくらいの状態)などの症状も伴うようになった。このような症状が続くにつれ、気分が落ち込みがちになるとともに、これらの症状はストレスや疲れなどにより悪化する傾向にあった。」

続きを読む "Men's health episode 2" »

2015年3月18日 (水)

Men's health episode 1

下部尿路症状(Lower Urinary Tract symptom;LUTS)?

最近、「尿のキレが悪い」「尿の勢いが弱い」、「頻繁に尿意を感じる」、「尿が漏れそうになる」、「就寝中に排尿のため覚醒する」などの症状を感じることが多い、という中年男性は少なくないと思われます。

続きを読む "Men's health episode 1" »

2014年12月24日 (水)

インフルエンザと風邪の違い 

(2012年掲載分を再掲載)

寒さが厳しくなり、空気も乾燥し、風邪やインフルエンザが流行する季節となりました。今回は、風邪(普通感冒)とインフルエンザの違いについて大まかな説明を致します。

続きを読む "インフルエンザと風邪の違い " »

風邪 in UK

(2012年掲載文を再掲載しています)

日本からイギリスに来られた方の多くが、最初の1~2年に風邪をひきやすくなったと感じています。これはどうしてでしょうか?

続きを読む "風邪 in UK" »


このページのTOPへ

JGH
(C) 2012 Japan Green Medical Centre