英国・グリーン通信


2014年9月30日 (火)

感染症による自宅での静養期間in UK

イギリスでもインフルエンザなどに罹患した際に自宅静養すべき推奨期間が設定されています(以下の一覧)。学校やナーサリーなどでは独自の指針を設けているところもあります。病気の診断や静養期間の判断に関しては、最寄の医療機関へご相談下さい。

続きを読む "感染症による自宅での静養期間in UK" »

2014年2月 3日 (月)

急性腸炎という病気

一般的に「腸」といえば、十二指腸、小腸、大腸を含めた呼び方です。小腸には空腸、回腸という区別があり、大腸には虫垂、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸という区別があります。厳密にはこれらの区分に「炎症」の「炎」をつけたものが正式な病名となります。これらの細かい区分をまとめて「腸炎」とし、ここに急性や慢性という時間的な分類をあわせて、「急性腸炎」と呼んでいます。

続きを読む "急性腸炎という病気" »

2013年10月21日 (月)

インフルエンザワクチン2013 in U.K

今年もインフルエンザワクチンを接種する時期となりました。

2013年は、イギリスにおけるインフルエンザワクチン接種の公的制度に2つの変更が加わります。

続きを読む "インフルエンザワクチン2013 in U.K" »

2013年6月17日 (月)

イギリスの薬と日本の薬

海外のお薬と聞いて、「強そう」とか「飲むのは何だか心配」と考える人は決して少なく無いと思われます。しかし世界各国、人種差はありますが、かかる病気は基本的に同じですので、使われる薬の主成分は同じです。

続きを読む "イギリスの薬と日本の薬" »

2013年6月11日 (火)

ピロリ菌 in JAPAN and GB

皆さんはヘリコバクターピロリ感染という感染症を知っていますか。ピロリ菌は胃の粘膜を好んで住みつき、有害物質を産生し、胃粘膜に影響を与え、結果胃潰瘍・十二指腸潰瘍、慢性胃炎萎縮性胃炎、胃癌、胃リンパ腫を発生させるといわれています。このピロリ菌は除菌療法といって、お薬で治すことができますが、いままでの日本の保険適応では慢性胃炎は除菌の適応ではありませんでした。適応にするかどうかは長い間医療の現場では論争となっていました。

続きを読む "ピロリ菌 in JAPAN and GB" »

2013年4月23日 (火)

風疹・麻疹について-その2

日本では2011年から風疹の報告数が増え、今年は第12週の時点で2012年1年間の報告数を上回っています。風疹は三日ばしかともいわれ、発熱、発疹が出現し、リンパ節が腫れるのが典型的な症状です。子供の病気という印象があるかもしれませんが、今は10代後半から50代前半の男性や10代後半から30代前半の女性が多くなっています。

続きを読む "風疹・麻疹について-その2" »

2013年4月18日 (木)

風疹・麻疹に関するお知らせ

最近日本で風疹、英国では麻疹が流行しています。

風疹の抗体検査、予防接種につきましては、こちらのご案内をご覧下さい。

詳しくはこちら

2013年3月26日 (火)

Hay fever in GB

寒い時期が長く続いていましたが、最近ようやく少し暖かい日が増えてきていますね。クロッカスや水仙もちらほら咲き始め、春の兆しを感じられるようになってきました。うれしい半面、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど花粉症の症状に悩まされ始める方も少なくないでしょう。

続きを読む "Hay fever in GB" »

2013年3月 4日 (月)

国境を越えたワクチン接種

「日本で予防接種を開始したのですが、続きをイギリスで接種出来ますか?このような質問をたくさん頂きます。

当院におけるワクチンは小児の定期予防接種、また海外への旅行や赴任に伴って接種される旅行ワクチンに大別されますが、どのような点が日本とイギリスで違うのか?また、渡英前にどのような点に気をつけて準備をしておくと良いのか?などについて大まかにお知らせ致します。

続きを読む "国境を越えたワクチン接種" »

2013年2月26日 (火)

乳がん検診 -マンモグラフィーと超音波-

乳がん検診を受ける際に、マンモグラフィ検査と超音波(エコー)検査のどちらを受けたほうがよいか迷われる方は多いかと思います。今回はこの二つの検査の違いについて簡単にお知らせしましょう。

続きを読む "乳がん検診 -マンモグラフィーと超音波-" »


このページのTOPへ

JGH
(C) 2012 Japan Green Medical Centre