アレルギー相談室


2020年2月13日 (木)

質問:アレルギーが関係していなくても咳が長引くことがありますか?

もちろんアレルギーが関係しない咳もあります。アレルギーが関係している咳には、咳喘息やアトピー咳嗽、咳優位性喘息、またアレルギー性鼻炎に伴う後鼻漏による咳などがありますが、風邪の後の長引く咳(感冒後咳嗽)や胃酸の逆流による咳、降圧剤などの副作用による咳、肺炎や気管支炎、肺結核などによる咳はアレルギーには関係していません。喘息そっくりの咳き込みが出るマイコプラズマ肺炎などの感染後の咳ももともとのアレルギーの有無とは別です。

診察の際には、まず、いつからどのように始まったか、風邪のような感染がきっかけだったか、熱は出ていたか、痰がらみの咳かそれとも乾いた咳か、痰は出るか、一日のうち特に悪い時間帯があるか(夜の方が日中よりも悪化するか、食事の後に悪化するか)、喉に鼻汁が流れ込む感じがあるか、胸焼けがあるか、以前にも同じような経験があるか、小児喘息があったか等など、最初にたくさんの質問をします。診察室で胸の音を聞いても、その時間帯にはなにもわからないこともよくあるからです。

咳喘息による咳であれば、気管支拡張剤によって改善しますので、診察の中で気管支拡張剤の吸入薬の効果の有無を確認してみることもあります。また呼吸機能検査や呼気NO検査も役立ちます。感染による咳、特に肺炎などを疑う場合は胸のレントゲン検査も行います。

アレルギーかどうかも気になるとは思いますが、隠れている深刻な病気がないか、咳が止まればそれでもう大丈夫か、咳が止まっても長期的にフォローする必要があるかどうかがポイントになるでしょう。

2019年12月30日 (月)

質問:診断がついていないのに喘息の薬をもらうことがあるのはなぜ?

咳喘息や喘息が強く疑われるけれども明らかな証拠がないという時、気管支拡張剤の吸入薬や内服薬(日本では貼り薬も)を処方されることがあります。このような、治療と診断を同時に行っていく方法を診断的治療と呼びます。現在の症状が咳喘息や喘息によるものであろうと想定し、それに対する治療を開始、もしもそれらの薬で治療効果が見られれば咳喘息や喘息と診断できるという流れです。

喘息は夜の方が悪化しますので受診した時間帯には胸の音が正常ということはままありますし、また咳喘息の場合は気管支喘息と違ってヒューヒューゼイゼイというような胸の音が聞こえず呼吸機能検査では正常ということがほとんどです。レントゲン写真にも写りません。さらに、血液検査で基準値から外れていれば診断できるというものでもないため、他の疾患に比べると診断的治療でしか診断できないことが多いかもしれません。

「気道の気流制限があること」「気流制限に可逆性があること」が特徴であるため、悪い状態の時にその制限を解除する薬(気管支拡張薬)を使い、可逆性があるかどうかを確かめるわけです。受診時に明らかな気流制限があると思われる場合には、その場で気管支拡張剤の効果を確認します。

気管支拡張剤の効果が認められなかった場合は、アトピー咳嗽や感冒後咳嗽、逆流性食道炎による咳などを疑います。

診断には問診もとても重要です。いつからどのような症状があるのか、1日の中で症状に変動があるのか、以前にも同じようなことがあったか、小さい頃に小児喘息と言われていたか等をよく思いだしてみましょう。受診の前に、それまでの経過や使ってみた薬をメモしておくこともとても役に立ちます。

2019年12月28日 (土)

質問:喘息の原因は血液検査でわかりますか?

喘息や咳喘息と診断されてから、原因を知りたいので血液検査をしてくださいとおっしゃる患者さんがいらっしゃいます。

喘息症状が、ある原因(アレルゲン)をきっかけに発症している場合、それをアトピー型喘息と呼び、その場合はアレルゲンを採血で探すことも可能です。多くの場合は、「犬(猫)を飼っている祖父母の家に遊びに行ったら発作が出た」というように原因と結果が明らかであったり、よくお話をうかがうとハムスターを飼っている等、疑わしいアレルゲンが存在していますが、最も多いのはハウスダスト・ダニによるアレルギーです。このようなアトピー型喘息は小児に多く、小児の場合はアレルゲンを避けることや環境整備が発作を回避するために重要になってきます。

一方、成人で新しく発症した喘息患者さんには、このようなアレルゲンがあるタイプの喘息はむしろ少なく、風邪やインフルエンザなどの感染や過労・ストレスがきっかけとなって発症するタイプが多くなります。このようなタイプの喘息を非アトピー型喘息と呼びます。アレルギー性鼻炎を合併している患者さんも多いため、アレルギー性鼻炎のアレルゲンを見つけることはできますが、このアレルゲンが喘息発作に直結するわけではありません。ただし、アレルギー性鼻炎のコントロールが良くないときには喘息も悪化してくることが多いため、鼻炎のコントロールに役立てるためにアレルゲンを探すということは無意味ではありません。風邪や過労をきっかけに喘息の咳が出るけれども、アレルギー性鼻炎など他のアレルギー疾患は無く、小児喘息もなかったという場合は、残念ながらあまり血液検査が有用とは言えないでしょう。

2019年11月 2日 (土)

質問:子供のアトピー性皮膚炎がすぐぶりかえすのはなぜですか?ステロイドは効きすぎて心配です。

アトピー性皮膚炎は様々な年齢でみられますが、乳児~幼児期から診断されていることが多いかもしれません。顔や首、肘の内側や手首、膝の裏側などで痒い皮疹が見られます。お子さんでは、痒みが我慢できずかきむしってしまい、かさぶたが付着した状態で受診されることがほとんどです。

汗をかくことや冬の乾燥、花粉の時期に悪化したり、食物アレルギーに関連して悪化したり、女性であれば生理周期で症状が変動したりすることもありますが、いったん落ち着いたように見えても症状がまたぶり返してくるのが特徴の一つです。アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚は、もともと外界の刺激に対するバリア機能が低下しているため、水分を保つことが苦手で、また外からのアレルゲンや細菌などにも弱くなっています。食べ物のみが悪化のきっかけであれば、食事に気をつけることで皮膚炎の悪化を減らせることもあるでしょうが、普通は乾燥などの外側からの条件も影響するため、治療を継続する必要があります。

虫刺されやとびひなどの皮膚症状はその時のみの病状ですから、いったん皮疹が消えてしまえば、それで治療の終了ですが、アトピー性皮膚炎はそうではありません。良くなったと思って保湿剤を塗るのを止めたり、まだ少し皮疹があるのにステロイド軟膏を中止したりすると、もともとのバリア機能の低下のためまた症状が出てきます。

ステロイド軟膏は皮膚表面の炎症を抑えて治療をするもの、保湿剤は皮膚の乾燥を防ぐもの、とその働きは全く違っているので、まだ皮疹がある状態、つまり皮膚に炎症がある状態では保湿剤のみでのケアでは皮疹は治りません。きちんと、触れてみて皮疹がない部分と同じような手触りになるまで(炎症がなくなるまで)処方されたステロイド外用薬を塗りましょう。

良く効く薬なのになんとなく悪い薬と思われているのは、早く止めすぎてすぐぶりかえすせいではないでしょうか。こんなにすぐにぶり返すのに塗ったらすぐによくなるなんて怪しい、と本末転倒の疑いを持つようになってしまっているように思います。(色素沈着もよく言われますが、ステロイド外用薬のせいではなく、炎症によるものです。)

10年程前からアトピー性皮膚炎をコントロールしていくために「プロアクティブ療法」ということが言われています。悪化してから治療を強めていくのではなく、保湿を継続しながら、皮疹の出やすい部分に週に2回ほど前もって弱いステロイド外用薬などの抗炎症治療を加えておくというやり方です。これによって、悪化を防ぎ症状を出さないでおくことが可能になっています。

症状が軽いアトピー性皮膚炎の場合は治療を続け、良い状態を保つことで、年齢と共に寛解(病状が治まっていることをこう呼びます)する割合があがります。悪化させないようにケアを継続することが大切と言うことです。

皮膚炎の部分がじくじくしたり膿が付着したり赤みや熱感が強くなっている場合は、細菌やウイルス(ヘルペスなど)の感染を起こしていることがあります。そういう時はいつも通りの外用薬では治療できませんので、主治医に相談するようにしましょう。

2019年10月31日 (木)

質問:風邪や肺炎にかかった後から喘息になることはありますか?

感染をきっかけに気管支喘息の治療が必要になる状況はよく起こっています。

まず、普段から喘息を持っている人の場合は、風邪やインフルエンザの感染がきっかけになって、コントロールが悪化し発作を起こしやすくなります。これは患者さん自身が何度も体験して感じていることでしょう。コントロールがうまくいってお薬が減量になっていたのに、咳き込みがぶり返して薬が増えてがっかり・・・というパターンです 。

またそれまで喘息を起こしたことがない人でも、喘息と同じような咳き込みや息苦しさが出現し、喘息と同じ薬剤を用いた治療が必要になることもあります。

感染症としては、小児・成人のマイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎が有名です。これらの病原体は細胞に働くサイトカインという物質を産生させ、アレルギー性の喘息の患者さんの気管支で起こっている喘息発作と同じような状態をアレルギーがない人の気管にも起こしてしまいます。喘息と診断されたことがないにもかかわらず、夜になると激しい咳き込みや喘鳴(呼吸をする時のヒューヒュー音やゼイゼイ音)が出ている時は、これらの感染を疑って胸のレントゲンを撮影したり血液検査を行ったりすることもあるでしょう。このような症状の治療には、感染症自体に対する抗生物質の他に、喘息を治療する時と同じ気管支拡張剤等が必要になります。

中には、その感染をきっかけに、風邪の後は毎回同じような悪化がみられるようになってしまうこともありますが、そのような経過をたどるケースでは、もともとアトピー性皮膚炎があった等アレルギー性疾患を持っていた患者さんが多いと言われています。

乳児期のRSウイルス感染症の悪化でも喘鳴が出ることがあります。残念ながらこれには小児・成人共によく処方される気管支拡張剤やロイコトリエン受容体拮抗薬、もちろん抗生物質も効果がありません。痰がつまって呼吸が苦しそうな時にはA&Eを受診するようにしましょう。

2019年8月28日 (水)

質問:エピペンとはどういうものですか?

アドレナリン自己注射薬のひとつで、医療者でなくても素早く決まった量の薬剤が注射できるよう工夫された構造になっています。アドレナリンは緊張したときや怒ったときの動悸や発汗を起こすホルモンで、アナフィラキシーの時には気管を広げたり血圧を上げたりしてくれます。緊急時に、アナフィラキシーショックの進行を遅らせ、病院で治療を受けるまでに取り返しの付かない状態にならないために、アドレナリン自己注射薬は非常に重要です。

日本ではエピペンしかないため、わざわざアドレナリン自己注射薬とは呼ばれませんが、イギリスには3種類(Epipen、Emerade、Jext)ありますので、エピペン以外のものが処方される場合もあるでしょう。日本ではアドレナリン0.15mgの入ったエピペンは体重15kgから30kgの子供に、0.3mg入ったエピペンは30kg以上の子供や大人に処方することになっていますが、イギリスでは体重7.5kgから25kgの子供に0.15mgのエピペン(EpiPen Jr. Adrenaline)を処方、というように基準がかなり違っています。Emeradeというアドレナリン自己注射薬には0.15mgと0.3mgの他に、体重が60kg以上でもっと多くのアドレナリンが必要な患者さん向けの0.5mgのものもあります。

どの量がちょうど良いかは医師が判断して処方しますので、患者さんは「いつでも手の届くところに置いておく」「2本セットで持っておく」「学校にも予備のエピペンを預けておく」「外出時は持って出かける」「使用期限が切れる前に新しいエピペンを処方してもらう」等に気をつけてください。

薬の説明には必ず副作用についても書いてありますが、アドレナリン自己注射薬に関してはとにかく「迷ったら使う」ことが最も大切です。余分な薬を使いたくない気持ちや、薬で何か悪いことが起こったらどうしよう、という不安から使用が遅れることが一番危険なのです。

また救急車を呼ぶことも忘れないようにしてください。(イギリスでの救急車コールは999です。)

日本では救急車の現場到着所要時間の平均は8.5分です。イギリスでは、これにかなり幅があります。なぜなら、イギリスの救急車は対象者の状況によって対応を変えており、例えば日本人の思う「Emergency」は、イギリスでは命に関わる最優先ではありません。具体的には、「Life threatening」な状況に対しての現場到着時間は平均8分未満であるのに対して、「Emergency」では約22分という違いがあるのです。さらに、「Urgent」は「Emergency」よりも時間がかかります。

アナフィラキシーはEmergencyよりも更に緊急度の高い命に関わる(life-threatening)状況なので、必ずanaphylaxislife threateningという言葉を伝えてください。念のためにエピペンを2本持っておくのは、1本目を打った後、5分から15分(日本では10分でと言われます。)してもまだ改善の様子がない時に使うためです。救急車が到着していれば自分で対応しなくても大丈夫ですが、それまでに回復しない時は、2本目の注射ができるかどうかが鍵になります。

アドレナリン自己注射薬のEpiPenとEmeradeは練習用のものをクリニックにおいてあります。処方された時に練習しているとは思いますが、いざというときにあわてないために時々練習してみるとよいでしょう。

 

アナフィラキシーと、エピペンの使い方については、日本語のエピペンのガイドブックがわかりやすいので、ぜひ読んでみてください。https://www.epipen.jp/download/EPI_guidebook_j.pdf

Ambulance response times https://www.nuffieldtrust.org.uk/resource/ambulance-response-times

2019年8月22日 (木)

質問:子供が卵アレルギーにならないような食べ方や、なってしまった時の気を付け方はありますか?

卵は食物アレルギーの発症頻度が最も高く、また成長と共に食べられるようになる割合も高い食品です。日本では、3歳までに68%、6歳までに73%が卵に対して耐性を獲得したという報告があります。

言うまでも無く卵は卵黄と卵白に分けられますが、それぞれのアレルゲンとしての強さが異なっています。主となるアレルゲンは卵の6割ちょっとを占める卵白で、黄身はアレルゲンとしては弱いためあまり問題になりません。離乳食で卵を始めるとき、固ゆで卵の卵黄からと言われるのはそのためです。

卵白のアレルゲンとしてよく検査されるのはオボムコイドというタンパク質です。主要アレルゲンとしては、多い物から、卵白の60%弱にあたるオボアルブミン、12%にあたるオボトランスフェリン、11%にあたるオボムコイド、3~4%にあたるリゾチームなどですが、この中で最もアレルゲン性が高く加熱や消化に対して安定で抗原性が残るのがオボムコイドだからです。

一般的には、上にも書いたように、卵黄部分の抗原性は弱いので、卵アレルギーで卵を除去している場合、最初に食べられるようになるのは卵黄のことが多いでしょう。加熱が不十分な卵は、まだアレルゲン性が高い状態のままですから、卵が生に近いほどリスクが上がります。たとえばメレンゲやマヨネーズ、シャーベットの中の卵は加熱されていませんので最難関ですし、カスタードクリームや柔らかいスクランブルエッグやオムレツはまだ加熱が不十分です。20分間ゆでた卵でもオボムコイドの抗原性は10%くらい残っていますし、卵がつなぎになっているような食べ物はとても多いので、卵アレルギーがある場合は注意が必要です。(イギリスの食べ物についてはIrish Food Allergy Networkが作成している英語版のEgg Ladderがわかりやすいと思います。)固ゆで卵の場合、ゆでてから1時間もおくと、卵白からオボムコイドが卵黄にしみこむことがわかっていますので、卵白がまだ食べられない段階では気をつけましょう。

それでも、子供の場合は、成長のためにも耐性獲得のためにも、できるだけ完全除去はしないで、食べられる段階の卵を少しずつ摂取していくことがすすめられます。

以前は、アレルギーを起こしやすい食品を離乳食としてなかなか与えなかったり、授乳中のお母さんがそれらを避けて食べなかったりということがありましたが、今はそういうことは否定されています。乳児の皮膚炎の原因が特定された特別な場合以外には、効果が無いことがわかったからです。皮膚から感作が起こることが明らかになっており、口周りの湿疹がそのままになっているとむしろそこから感作されて食物アレルギーになる可能性が上がります。食物アレルギーの予防のために、湿疹や皮膚炎はきちんと治しましょう。

既に卵アレルギーがあることが明らかな場合は、まずは小児科医に相談しましょう。何をどこまで食べられているのか、整理していくことで、今後の見通しができ不安が和らぐと思います。

授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版)https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04250.html

2019年8月15日 (木)

質問:イギリスに来た年にはスギ花粉症が無く楽だったのに、2年目からは悪化しました。なぜでしょう?

花粉の飛散量によっても症状は変化しますが、花粉による感作がいつ起こったかによる違いである可能性もあります。

人間の体の中に異物が入ってきた時に、体はそれを排除しようとします。これは当たり前のことなのですが、花粉症ではその反応が過剰になってしまっています。排除の仕組みの第一段階として、アレルゲンになる花粉に対して、体の中でそれぞれに対応する特別なIgE抗体が作られます。

第二段階として、作られたIgE抗体は皮膚や粘膜の下のマスト細胞にくっつきます。マスト細胞は、花粉症の鼻水や鼻づまり、咳などを起こすヒスタミンやロイコトリエンなどを出す細胞です。こうして前もって準備されたマスト細胞の上のIgE抗体は、次にその花粉が体に入ってくるのを今か今かと待っているわけです。

この第二段階までの状態が感作です。症状を起こす準備がされていても、ヒスタミンやロイコトリエンが出ていなければ、まだ花粉症の症状は出てきませんので、感作された段階では自分ではわかりませんし治療も必要ではありません。

しかし、アレルゲンさえ再侵入すればそれに反応してヒスタミンなどが放出される状態ですから、その花粉やよく似た性質をもつアレルゲン('交差性の高いアレルゲン'と言います。)にまた出会えば、すぐに症状が出ます。(これを'Ⅰ型アレルギー反応'と呼びます。)

日本でハンノキ(ブナ目花粉で交差性が高い)やカモガヤ(イネ科花粉の代表)に既に感作されていた方は、イギリスでも同じアレルゲンに出会うことになりますから、たとえスギ花粉が飛んでいなくてもすぐに症状が出るでしょう。一方、これらのアレルゲンによる感作がイギリスに来てから起こった場合は、そのシーズン中には症状が出ないか軽いかで、その翌年に初めて本格的な症状が自覚されるということが多いようです。特にイネ科花粉による感作が起こっている時は、イギリスの長いGrass花粉シーズンのせいで症状がかなりつらく感じられるようです。

2019年6月27日 (木)

質問:蕁麻疹が治るのにはどのくらいかかりますか?原因は血液検査でわかりますか?

蕁麻疹の治療の目標は、「薬を使わずとも2度と蕁麻疹が出ない体になること」ではなく、「十分に症状を抑制すること」です。ですから、薬を飲むことで蕁麻疹が出ない日ができるまでに数日から1~2週間、出ないまま気にしないで生活できるようになり更に減薬・内服終了できるまでには半年から1年かかる場合もあります。1種類の抗ヒスタミン剤で効果が不十分であれば、薬を変えたり増量したりしながら治療していきます。

蕁麻疹は最初に出始めてから6週間経つと「慢性蕁麻疹」、それ以前は「急性蕁麻疹」と呼ばれます。皮膚をこすったり冷たい物に触れたりアレルゲンを含む食物を食べたり等の刺激無く、いつのまにか皮疹が現れるタイプを「特発性蕁麻疹」と呼び、この呼び名は急性と慢性の両方を含んでいるのです。そしてこの特発性蕁麻疹が、全ての蕁麻疹の70%以上を占めます。

原因になる食べ物を摂取したことで出現する蕁麻疹は、「刺激誘発型の蕁麻疹」のひとつで、アレルギー性のものと非アレルギー性のものに分かれます。原因になる物を食べて出るのであればそれはアレルギーなんじゃないの、と思われるでしょうが、そうともかぎりません。青魚やアクの強い野菜を食べて出る蕁麻疹は、その食べ物自体に対してのアレルギー反応ではなく、その食品中に含まれるヒスタミンなどの物質が作用することで蕁麻疹が出てくる仕組みですから、アレルゲンを確認する血液検査では陽性になりません。またこういう食べ物は、体調によっては蕁麻疹が出ることなく食べることができたりもします。アレルギー性の蕁麻疹ではアレルゲンがIgEを介して反応を起こす、花粉症と同じような仕組みで起こりますので、血液検査などで原因を突き止めることも可能です。ただし、蕁麻疹全体の1割もないと思われますので、明らかに疑わしい食べ物がある時以外はわざわざ検査をする必要はないでしょう。

一般的な蕁麻疹は翌日にはいったん消えることが多いのですが、瞼や唇によく起きる血管性浮腫という分類の蕁麻疹は、消えるのに数日かかることがほとんどです。血管性浮腫や血管炎など、稀なタイプの蕁麻疹はアレルギー検査以外の血液検査を行うことがあります。

2019年6月26日 (水)

質問:雨が降ると花粉は減るはずなのに花粉症や喘息が悪化するのはなぜ?

「暖かい晴れた日に花粉量が増える」気温が上がると既に作られている花粉が放出され飛散量が増えますので、花粉症の症状は悪化することがほとんどです。しかし残念ながら、逆も真とは言えないようです。しとしとと静かに降る雨であれば、花粉は地面に落ちて、全体の飛散量も低下すると考えられますが、実際には、「雨が降っているにもかかわらず花粉による鼻炎や、花粉症をきっかけに起こる喘息が悪化する」ことはしばしば観察されています。

これについては、数年前にオーストラリアでの嵐の後、数千人が喘息発作で救急外来を受診し、死亡者も出たことから、雷雨喘息(thunderstorm asthma)という言葉が知られるようになりました。嵐の時に舞い上がるカビの胞子の影響もあるようですが、主な原因は大量に飛んでいた花粉が嵐による強風や湿度、雷などの影響で水分を吸って破裂したことだろうと考えられています。花粉が破裂すると、壊れたことでアレルゲンとしても強まり、ばらばらな破片になることで数も増え、それぞれの破片は花粉本体が入れない細い気管の奥まで入り込んでアレルギー反応を起こします。本来の花粉は排気ガスの中のPM2.5(粒子径が2.5μm以下の微小粒子状物質)等よりもはるかに大きく、せいぜい鼻の粘膜や喉のあたりにしか入りません。しかしいったん壊れた花粉の破片は、PM2.5同様あまりにも小さいため浮かんだままゆるやかに空気の流れに運ばれ、肺の奥にまで届いてしまうのです。

花粉の破裂は、以前から日本では黄砂によって起こることがわかっていましたが、イギリスでは大気汚染によるPM2.5や嵐が影響することが多いようです。細かくなった花粉は大気汚染物質を伴って肺に入り込むこともあり、喘息に悪影響を及ぼします。雷雨喘息は、イギリスではちょうど今からの時期に起こりやすくなるため要注意です。

 


このページのTOPへ

JGH
(C) 2012 Japan Green Medical Centre