アレルギー相談室


« 質問:日本でスギ花粉症の出る時期にイギリスで飛んでいる花粉は何ですか? | メイン | 質問:アレルギーを防ぐ方法はありませんか? »

2019年2月21日 (木)

質問:内服薬や点鼻薬を使い続ける以外の花粉症の治療はないですか?

アレルギー性鼻炎でダニやスギ花粉がアレルゲン(抗原)とわかっている患者さんの場合、日本では耳鼻科やアレルギー科で免疫療法(以前は減感作療法と呼ばれていました)という治療を行っています。もう40年以上前から世界中で良く知られている治療法で、アレルギー反応の原因物質をごく少ない量から注射したり舌下に投与することで、体を徐々に慣らしていくものです。スギで約70%、ダニでは約80%の患者さんに効果がみられますが、治療には少なくとも2年間かかりますので、その間は注射に通ったり規則正しく薬を使用したりする必要があります。花粉症の出る数ヶ月間だけ抗アレルギー薬を内服している患者さんにとっては、内服よりも負担が大きくなる可能性もありますが、一年を通して症状で苦しんでいる患者さんには良い選択肢になるでしょう。日本では小学生以上で行われることが多いようです。
ただし、残念ながらイギリスのGPではこの治療は行われておらず、アレルギー専門医だけが治療の方法として選ぶようになっています。イギリスでもアレルギー性鼻炎はとても多いのに、いったいなぜでしょうか?
実は1990年頃まではGPでも免疫療法を行っていたのですが、当時のイギリスでは重篤な副作用が他の国よりもずっと多かったのだそうです。そのため、イギリスの医療システムの元では一種のトラウマのようになってしまったのでしょう。最近のアメリカでの調査では、約1000回の注射で1回の全身的な副作用(0.1%)、アナフィラキシーショックは約100万回に1回と言われており、知識のある医師が設備の整った環境で行う限り、危険な治療ではないはずなのですが、残念ながらイギリスで免疫療法を開始するためには専門医の受診が必要になります。


このページのTOPへ

JGH
(C) 2012 Japan Green Medical Centre